patchファイルの作り方とpatchの当て方

2016-11-02 (水) 15:29:29 (291d) | Topic path: Top / その他 / patchファイルの作り方とpatchの当て方

はじめに

オープン・ソース・ソフトウェアを一部だけ変更してそれを他の人に渡すとき、変更後のファイルを全て渡すのは大変なので、差分だけをpatchに保存し、これを渡します。

patchファイルの作り方

patchファイルを作るには、diffコマンドを使います。

$ diff -uprN src mod > dif.patch

srcディレクトリーにはオリジナルのソースコード、modディレクトリーには変更後のソースコードが入っているものとします。

patchの当て方

patchファイルを作成したのと同じ階層(上の場合、srcディレクトリーがあるディレクトリー)でpatchコマンドを実行します。

$ patch -b -p0 < diff.patch
トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS