人工知能, 2014年7月号

jsai_magazine.jpg

人工知能学会誌7月号が届きました.

特集は「UEC杯コンピュータ囲碁大会と電聖戦2014」と 「宇宙に挑む人工知能技術」です.

コンピュータ囲碁については,チェスや将棋に比べて打てる手が圧倒的に多いことから難しいとされていましたが,モンテカルロ・アプローチという確率的な手法が出てきてかなり強くなったらしいです.

コンピュータ将棋では棋譜から学習させる話がよく出てきますが,コンピュータ囲碁にはまだ出てきていません. 人間の棋士が学習していないということはないと思いますので,コンピュータ囲碁でも学習の話が出てくるようになればさらに強くなると思います.

宇宙特集では,以下の記事に機械学習とパターン認識の話が出ていました.

  • ハイパースペクトル画像処理が拓く新しい地球観測. 横矢直人, 岩崎晃, 人工知能, vol. 29, no. 4, pp. 357-365 (2014)

人工衛星から地球の表面を撮影した画像から,どんな植物がどこに分布しているかなどを調べたりする話です. 専門家によるラベル付けには手間がかかるため,半教師あり学習や能動学習も行われているとのことです. たしかにクラウド・ソーシングでは難しいでしょうね.

また,Deep Learningについて,連載解説の第7回と私のブックマークに載っています.

  • コントラスティブダイバージェンス法とその周辺. 前田新一, 人工知能, vol. 29, no. 4, pp. 366-380 (2014)
  • 私のブックマーク Depp Learning. 中山浩太郎, 人工知能, vol. 29, no. 4, pp. 400-402 (2014)

私のブックマークは,これからディープ・ラーニングをやってみたい人には役に立つと思います.

アーカイブ

Google

Google
とうごろう.jp
WWW