CACM, 2014年5月号

cacm.jpg

ACM学会誌5月号が届きました.

バイオインフォマティクスに関して,以下の記事が載っていました.

  • How Computer Are Changing Biology. Samuel Greengard, CACM, 57(5):21-23 (2014)

新しい薬の開発にコンピューターによるモデリングとシミュレーションとても役立っているという話に続いて,ここ10年の目覚ましい進歩はタンパク質,DNA,RNAの配列解析にかかるコストが劇的に下がったことによるものである一方で,これからは配列解析によって得られた多量のデータを分析する技術が必要になると述べています.

アーカイブ

Google

Google
とうごろう.jp
WWW