情報技術英語B

2017-03-01 (水) 13:42:27 (60d) | Topic path: Top / 授業 / 情報技術英語B

はじめに

この授業では、ESL Podcastから、情報技術に関するテーマを選んで、ディクテーションを行います。

ディクテーションは、英語を耳で聞いて、聞いた英語をそのまま書くだけの学習方法です。 リスニングの力が身につくだけでなく、語彙力、頭の中で文章を構成する力、ライティングの力も身につけることができます。

到達目標

将来、情報系の仕事に就き、英語で会話をしなければならなくなったときに、ネイティブの人たいが普段話している会話と同じレベルで会話ができるようになる必要はありません。

なぜなら、あなたが日本に来た日本語があまり得意でない外国人と日本語で会話するときにしてあげるように、英語ネイティブの人が英語が得意でない人と英語で会話するときには、聞き取りやすいようにゆっくりと話したり、文法が少しくらいおかしくても気にしないで話を進めてくれるからです。

したがって、ネイティブの人が聞き取りやすいようにゆっくり話してくれたときにその内容をきちんと理解することができれば、話す方はたどたどしい英語であっても、なんとかなります。

そこで、この授業では、ゆっくり話している情報技術に関する英会話を対象として、それを聞き取り内容を理解することを到達目標とします。

授業方法

毎回、情報技術に関するテーマでディクテーションを行います。

通常の授業を4回やったら、その次の週に復習テストを行います。

これを3回繰り返します。

つまり、復習テストは第5週、第10週、第15週に行います。

期末試験は実施しません。

評価方法

評価は、いずれかの復習テストでの達成度(達成度)を50点、授業でのディクテーションに真面目に取り組んだかどうか(参加度)を50点とし、合計60点以上を合格とします。

達成度は、下の5段階で評価し、10を掛けたものを点数とします。(すべての英文を正しく書くことができれば50点です。)

達成度
4 (S)3 (A)2 (B)1 (C)0 (E)
英会話を正しく聞き取り、ほとんどの英文を正しく書くことができる。英会話を聞き取り、ほとんどの英単語を正しく書くことができるが、いくつかの英文を書くことができない。情報技術に関する英単語を聞き取り、ある程度の英単語を正しく書くことができるが、いくつかの英単語を正しく書くことができない。情報技術に関する英単語を聞き取り、カタカナあるいは日本語で書くことはできるが、英単語を正しく書くことができない。情報技術に関する英単語を聞き取ることができない。

たとえば、テーマが「キーボード」のとき、It's a standard QWERTY keyboard. という英文を聞き取って、クウェルティ・キーボードと書くことができるようにになることが最低限の目標(達成度 1)です。

参加度は、演習に真面目に取り組んだかどうかを評価し、1回の授業につき最大で3点減点します。

つまり、欠席した場合や、出席していても演習を全くやっていなかった場合は、3点減点します。 ただし、一度も授業に出席しなかった人は参加度を0点とします。

受講上の注意

復習テストを欠席しても、追試は実施しません。

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS